カテゴリ:マスターの遠吠え( 202 )

マスターの初夢

こんにちわ!久しぶりです。

今回はマスターの初夢について記入しようとしています。
皆さんはどのような初夢を見ましたか?

実はマスターは正月から大分時間がたってしまったことで、残念ながら初夢を忘れてしまい、記入できません。。。

お詫びに、ライブの予告です。

平成19年2月18日日曜日、三宮アートハウス にて 17:30開場、18:00開演
yu selectionはオープニングアクトにてライブします。

都合があいましたらば、是非とも見に来てくださいませ!

何卒宜しくお願いいたします。

初夢思い出したら記入します。それではまた次回まで、see ya!
[PR]
by yu-sele | 2007-01-24 21:19 | マスターの遠吠え | Comments(2)

マスターのお初

全国の「ユウセレふぁん」のみなさん、あけましておめでとうございます~
昨年はどのような一年をすごしましたか?

ユウセレの1年をふりかえって思い当たることは「自主制作CD完成とブログ開設」この2点です。
年始めは、ライブを定期的にするぞ~といきまいていましたが、結局、不定期ライブをしただけで、当初目標を不完全クリアーの状態で終わってしまいました。

では、今年の目標は?というと
・「不定期ライブでもいいからライブ回数を増やす」
・「第二段自主制作CDを作成」
・「ひとりでも多くの人々に曲を聴いてもらうべくPRをする」
以上羅列し、読みかしてみると、なんとなく現実可能なことばかり、もっと夢や目標は大きく持ちたいと思いながらもこれくらいしか思いつかないところが、マスターの貧乏性の表れであるのでした。
あ~貧乏は辛い、いやいや貧乏性は辛い。しかし、小市民であるとも言い換えられるので、まあよしとしようかと、どうでもよくなってき、強引にこの話題を終わらすマスターであった。

とにかく、ライブ日程も一応決まったことでもあるし、正月気分のままの雰囲気のライブにしようかなんて、考えるマスターの元日であった。

では、皆さん、いいお正月をお過ごしくださいませ。~|~
またj次回まで、see ya!
[PR]
by yu-sele | 2007-01-01 22:53 | マスターの遠吠え | Comments(0)

マスターは放浪が大好き

またまた、前回の続きを記入しようと思い立ち、以下記入しま~す。

前回は、南の島の「ダンス」についてでしたが、今回は、「そっくりさん!」です。

「そっくりさん!」に、偶然に必然的に遭ってしまいました。
といっても、南の島のナイトライフを楽しむため、さらに、音楽を、ハードロックを聞くために、「ハードロックカフェ」へ行った時に。その時マスターは少しハードロック禁断症状発生ぎみでもあり、ゆきましたよ~。たのしみましたよ~。

その店の入り口の階段を上ってゆくと、それは、いや、彼は目に飛び込んできました。
てっきり、案内役の白い服を身にまとった店員かと思っていましたが。。。。
その時の状況を想像してみてください、階段を上ると、足先から見え始め、太もも、股間、お腹、胸、首そして、最後に顔。。。白色です。顔面以外は、全て白色。。。

そうです「プレスリーのそっくりさん!」<^|^>
いや~とにかく、驚きました。いきなり、白色の彼が握手してくるではないですか~。

思わず、写真を撮るのも忘れ、ただみとれてしまって、マスターとしたことが、ついつい、彼のペースにまきこまれてしまいました。

とまあ、入り口での白色の彼にびっくりさせられながらも、カウンター席を陣取り、アルコールや大量の食べ物、聞こえてくる音楽を満喫していました、ほろ酔いとなっていました。
そして、音楽がいったん止み、アナウンスがあり、、、

なんと、白い彼が、ステージに上がってきて、、、ショータイム~。今度は気を取り直し写真もとりました。
歌声もそっくり、うまい、さすが~、と思っていました。でも、一番のそっくりは、曲間のしゃべりや間合い、など等。
たまたま、昨今、マスターは「プレスリーベスト」を愛聴版としており、その中にはライブも含まれていて、とにかく知らぬ間に予習ができていて、歌ってくれた曲も全部なじみがあり、とにかく、楽しめた~^、楽しまされた~でした。白い彼は凄い、偉い~。

ここで教訓、
やはり「徹すると、観客まで巻き込んでいい感じでライブが進む」よな~と。
強引に「ユウセレのライブ」と結びつけて考えたマスターでした。

で、最後にもうひとつ気づいた教訓が。。。
それは、「見た目の雰囲気を大切に」でした。これも重要だ~と気づいたマスターであった。
色い彼は「ふとっちょ」だった。。。。「ほんのちょっぴりだけね」
それが白い彼の唯一の弱点。。。

「ユウセレも見た目を大切にせねばーnever~」
ユウセレも「ある意味ビジュアル系」いやいや「ある意味ビジュアル怪」だものなー。。。

と考えさせられながらも、とにかく非常に楽しんで,一人はしゃぎしてしまった、南の島でのマスターであった~。<^|^>

ではまた次回自壊まで、、、have a nice dream !

あっ、ライブ告知のページもみてね!
[PR]
by yu-sele | 2006-12-25 21:57 | マスターの遠吠え | Comments(0)

マスターは放浪がお好き

おひさしでーす。マスターの遠吠え愛読の全国の皆さん、本当にお久しぶりです。
実はそんな方がいるかは判らないけれど、とにかく、もし読んでくれてたらば、何かコメントちょうだ~いな~^^。

年末年始にむけて特にこれといった表だった音楽活動が見えてこないなかで、否、勿論練習はしていますが、フラット放浪したくなり、旅行にいってきました。

日本から少しはなれた南海の小島へ。行ってまいりました.くつろげました。
何か、旅行と音楽が関係付けられるものはないかと観察してきました、。いつかは、ユウセレの曲や雰囲気にも反映される日が来ると信じて。

その中で、ひとつふたつ、

「ダンス」=「地元住民の伝統ダンス」
いやいや、踊っている人たちの笑顔を見ながら、こちらまで笑顔になってきました。また、さすが地元だけあり、要所での掛け合いほか、声援のかけ方、おどってる人・見ている人、一体感でいっぱいであったのだ~。
こちらまで、ダンスで表現する筋書きが判らなくても、なぜか判ったような気にさせられたのでした。
とにかく、わけのわからないエネルギーがあり会場を包んでいるのであった。アルコールを飲んでいたらばもっと楽しめたと思いますが、その分観察できたから、よしとし、とにかく、感動や単なる娯楽という言葉とは違う、エネルギーをマスターは感じていたのであった。見ている間は雑念なんてまったく浮かばなっかたし、体験できてよかった(^~^)と思っています。
そうそう、その会場は無料(^¥^)であり、ダンスステージに限っては商業を抜きにした、地元住民の伝統芸能発表の場になっていたのがさらによかった。。。

いや^~^よかよか~、ホクホクだべ~

なにが音楽と関係あるかというと、気づいたかと思いますが、
「ライブ中は、ユウセレ自身が楽しんでライブをしなければ見ている人も楽しめない、ユウセレ自身が楽しんでライブしていればその楽しさが伝染し、ライブは成功に向かう。」
そのためには、練習練習で余裕を掴み取る。
なんて、強引に結論付けるマスターであった。

本当は、ライブができない状況で練習ばかりしている理由付けを探し出しただけだったりするんだよな~本当に。

続きはまた自戒次回まで。チャオ。
[PR]
by yu-sele | 2006-12-10 10:38 | マスターの遠吠え | Comments(2)

マスターは中途半端がダイスキ

前回記入していると空腹になり、ご飯を食べたので、記入内容が中途半端に終わってしまい、何が言いたいのかわからない状態で終了となってしまいたした。
今回は、続きを記入しようと思いましたが、前回の熱意を持ったままでの記入していた状態が、再現できづ、前回の続きはやめにしました。

今回は、なにをテーマにと考えているのですが、特に思いつかづ、適当に思いつきのまま、記入にしました。

ちまたではクリスマス、音楽業界はクリスマスにあわせた特別企画音源の発売、そうだ、自分たちユウセレもクリスマスに向けた何か企画を、、!

クリスマスにむけレコーディングだ。何か記憶に残るものを録音だ!

しかし、ユウセレにはオリジナル曲しか録音できるものはない。それでいいではないか!

クリスマスライブだ!年末ライブだ!新年ライブだ!などなど

思いは浮かぶものの、結局はどれも現実に向けて準備されていない状態なので、新曲でもつくり水面下での活動を続ける毎日であった。。。

いや、あったあった。できることみつけた~。忘年会、新年会。宴会だ~

真面目な話、タイミングさえ合えば、録音やライブはできると思うので、もし、期待している方がおられたらばしばしお待ちくだされ。。。

チカジカホウコクデキルヨウナナニカヲキニュウホウコクシタイトオモッテイマス。チャオ。。


[PR]
by yu-sele | 2006-11-26 14:11 | マスターの遠吠え | Comments(0)

マスターは中途半端がオスキ

今回は、先日あるきっかけで家捜しする必要にかられ、発見したマスターの過去の音楽活動
だす。

以前から作曲しライブで披露、タイミング他さまざまな条件が相まって、レコーディングとこんな順番で活動をしていました。そして今回は過去のライブ音源を発見し思わず懐かしく聞き入ってしまいました。

自画自賛。しかし、自画自賛できないと継続活動できない、どんな形であれオリジナル曲がないとそ
のバンド活動が無に帰する、など。。。。
[PR]
by yu-sele | 2006-11-19 12:32 | マスターの遠吠え | Comments(0)

マスターのライブ中

今回のテーマは特に無しで、適当に思いついた事だす。

マスターのライブ中の視線=事情により久しくライブしてませんが、ライブするときは是非足を運んで下さい。ね
前置きはさておき、本当の話、マスターは少し近視であるが、コンタクトレンズつけるほど悪くないのですが、少しぼやけながらステージから皆に視線を投げかけているのです。それと、ステージでは、ボーカル兼ベーシスト故ライトが常に当たり瞳孔が開き、あまり皆の表情が見えません、いや、照明のこもれびの範囲は見えています。
何が言いたいかというと、ライブ中は皆の表情が見たいので、マスターの見える範囲にまで近づいて貰いたいのです。とにかくこの内容を見た方は、マスターの願いをかなえると思って、是非ともライブ中は前に来てほしいのです。どれくらい前かというと、握手出来る範囲まで近づいて頂けると非常ーに嬉しいでーす。

マスターのライブ中の謝罪=これは、ムッシュとセニョールに対してですが、ライブ中に突然予告無しに課題を与えて答えを求めているみたいで、後から少しだけ反省しておりまーす、すみません、でもやめられませーん。でも、セニョールもムッシュもそれなりの答えをマスターに返してくれるので、すまなく思うと同時に嬉しくおもっています。エライ。今後は、控えるかも4れません。気が赴くままとさせて下さい~。

テな感じでした。また次回自戒~。次回また自壊*。
[PR]
by yu-sele | 2006-11-04 23:18 | マスターの遠吠え | Comments(1)

マスターのおいたち

今回は、「マスターのおいたち」についてです。マスターにももちろん本名があり、本名での生い立ちではなく、ユウセレの「マスターのおいたち」です。つまらなくとも、我慢がまん。

前回は、「マスターのおきにたち」にふれましたが、それを書き込んでると過去のことを思い出したので、「マスターのおいたち」と称して記入してゆきます。
ちなみにマスターは、yu selection、略してユウセレでベースとボーカルを担当しております。

まず、ベースギター、これは前回と内容が重なりますが、ラッシュのベース、ゲディリー、アイアンメイデンのスティーブハリスで誘発され、努力努力。タラスのビーリーシーンで手先の小細工を覚え、その後はお手本から離れて独自の世界をつくるべく、手癖も含めてベースギターを弾いています。

次に、ボーカル。これはもともと、コーラスを勤めるべくなんとなく歌っていたのが,だんだん本気になっていったたけです。
第三期ディープパープルのメイドインヨーロッパを聞き、あまりにも素晴しい2人のボーカリストの掛け合いやハーモニィーに、打ちのめされ、とにかくそのボーカリストに少しでも近づきたくとにかく練習、練習。そのうちに音域も広くなり、ものになってきたのです。
手本として、元ディープパープルのグレンヒューズ、元tntのトニィハーネル、元ジャーニィのスティーブペリー、元x-rayの藤本明。これらの音源を歌い練習しまくりました。

これらの名前で共感できたり、気になり出したりしたらば、まづ、yu selectionの音源をじっくり研究した後で上記のバンドたちの音源を聞くとさらに味わい深いユウセレがたのしめます。是非オタメシアレー^^ー
[PR]
by yu-sele | 2006-10-22 15:22 | マスターの遠吠え | Comments(2)

マスターのおきにたち

今回は、マスターのお気に入りバンド達についてだす。
下記に、いろいろバンド名羅列し、知らない名前ばかりでつまらないに違いありませんが、まあ、我慢してお付き合いくだされ。

まづ、ダントツのお気に入りは、「キッス」、これで、音楽に目覚めたのです。
その後、「ラッシュ」「アイアンメイデン」を見本とし、ベーシストとしての腕前を日夜鍛錬し、男前まで、もってゆきました。(>!<)

そのほかのお気に入りとして、「バリーマニロウ」「ジヨニーウインター」「ドクターフック」「ジャクソンブラウン」「ローリングストーンズ」などで、ハードロック以外の音楽を聴き、ブルース・ポップ方面を受け入れる土壌ができました。

それと同時にハードロックを聴きまくっていました。そのハードロックとは、「グランドファンクレイルロード」「ディープパープル」「レッドツェペリン」「モトリークルー」「ドッケン」「ワスプ」「シンデレラ」「tnt」「ストライパー」「ポイズン」「スローター」「サンダー」などです。

さらに、ヘビーメタル、「モーターヘッド」「スレイヤー」「ベノム」「メガデス」「デストラクション」「セルティックフロスト」「エグゾダス」「テスタメント」「デスエンジェル」「ソドム」達です。
 
それらは、今でも聞いています。順にお気に入りを並べた結果、その非常に偏った音楽は米国中心のバンド達ばかりで、欧州方面が少ないのです。今でも欧州方面のバンドは残念ながら疎い状態です。

そうそう、国内バンドでのお気に入りは、「エックスレイ」「アースシェイカー」「ジギー」「イエローモンキー」です。

これらがあいまって、ユウセレの作曲に反映されているとおもいます。皆さんも、上記のバンドがお好きならば、まづ、「ユウセレを聞きまくって、その後にマスターのお気に入りバンドをチェック」してくだされ?

又自戒迄、またじかいまで。see ya
[PR]
by yu-sele | 2006-10-15 14:20 | マスターの遠吠え | Comments(0)

ユウセレのおいたち

ユウセレの生い立ちを以前書き込みましたが、手違いで削除されていましたので、再度思い出しながら書き込みします。

ユウセレは、マスターが前バンドを脱退し、新たに自分の音楽性を追及するために結成しました。ただ、メンバーがきまるまでは、とにかく前バンドメンバーの一部つまり、ムッシュとセニョールに土下座して手伝いを頼みました。
それが、平成17年四月一日、巷では、エイプリルフールと知られている日、なのです。
その当時は、当然構成員の愛称もなく、とにかく曲作りを中心に、新曲の練習を日夜努力していました、。
そのうち、バンド名を決める段階となり、ひどい名前も含まれたその候補の中から、ムッシュが、いい名前を考えつき、yu selection、略してユウセレにしたのです。その後それぞれの愛称を決めることになり、マスターがおもいつきで、マスター・ムッシュ・セニョールときめ、反対もなく愛称が決りました。。

ただし、ムッシュ・セニョールはヘルプメンバーのつもりで結成当初、協力お願いをしたはづなので、正式メンバーかまだどうかわかりません。ムッシュ・セニョールは自嘲ぎみに、「どうせ、ヘルプメンバーだから」と何かにつけて、言いがかりをつけてくる今日この頃。
そんな彼らを正式メンバーにするかは、神のみぞ知る、、、です。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-01 21:17 | マスターの遠吠え | Comments(1)