<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マスターのおいたち

今回は、「マスターのおいたち」についてです。マスターにももちろん本名があり、本名での生い立ちではなく、ユウセレの「マスターのおいたち」です。つまらなくとも、我慢がまん。

前回は、「マスターのおきにたち」にふれましたが、それを書き込んでると過去のことを思い出したので、「マスターのおいたち」と称して記入してゆきます。
ちなみにマスターは、yu selection、略してユウセレでベースとボーカルを担当しております。

まず、ベースギター、これは前回と内容が重なりますが、ラッシュのベース、ゲディリー、アイアンメイデンのスティーブハリスで誘発され、努力努力。タラスのビーリーシーンで手先の小細工を覚え、その後はお手本から離れて独自の世界をつくるべく、手癖も含めてベースギターを弾いています。

次に、ボーカル。これはもともと、コーラスを勤めるべくなんとなく歌っていたのが,だんだん本気になっていったたけです。
第三期ディープパープルのメイドインヨーロッパを聞き、あまりにも素晴しい2人のボーカリストの掛け合いやハーモニィーに、打ちのめされ、とにかくそのボーカリストに少しでも近づきたくとにかく練習、練習。そのうちに音域も広くなり、ものになってきたのです。
手本として、元ディープパープルのグレンヒューズ、元tntのトニィハーネル、元ジャーニィのスティーブペリー、元x-rayの藤本明。これらの音源を歌い練習しまくりました。

これらの名前で共感できたり、気になり出したりしたらば、まづ、yu selectionの音源をじっくり研究した後で上記のバンドたちの音源を聞くとさらに味わい深いユウセレがたのしめます。是非オタメシアレー^^ー
[PR]
by yu-sele | 2006-10-22 15:22 | マスターの遠吠え | Comments(2)

ムッシュのぼやき

ムッシュの「ぼやき」。長くなりますが、聴いてください。少し酔っぱらい。
本日のテーマ「ゲージュツ」です。

先日、仕事で大阪市内のとある画廊に行きました。薄暗い空調の効いた応接室に通されました。目の前には畳一畳くらいの絵がありました。私の職業は「金貸し」です。自分の言いたいことを画廊の社長に伝え、一通り商談を無事に終えることができました。社長にはメッチャ感謝し、自分は「達成感」に浸りました。
今日、大阪市内のとある零細企業に訪問しました。零細でありながら、海外の壁紙業者にデザインを売って(輸出)いるデザイナーの社長と奥さんです。自分は「どうして日本人であるあなたたちのデザインを、ベルギーの壁紙業者が買うのですか?」と質問しました。「音楽と同じだと思いますが、国境など関係なく、新しいモノが要求されているんでしょうね」とサラッと発言され・・・。自分は沈黙。

先日の、薄暗い応接室に飾ってあったでっかい絵は、実はシャガールの絵でした。

「芸術やん」!!

自分はHRバンドで、「音楽」を、「ライブ」をやっているし。ゲセワだけど「ゲージュツ」やってるなって思ってる??し。 勘違いだったかなあ?
俺の音楽って、本当は「なんちゃって」なんだろうか?

分刻みで昼メシ抜きで「金貸し」に走り回っている自分には、目の前のジャガールの時価3億円の絵よりも10円のチロルチョコレートの方が有り難く見えたし、名も無い日本人デザイナーのデザインをフランクフルトの展示会で売り込む事よりも、国内でサラリーマンとして堅実に生きていくことの方が良いように思えた。

俺(ムッシュ)は知らないけど、セニョールによれば「(ウチのボーカルの)マスターは学生時代、音楽で生きていくか、絵で生きて行くか悩んだ」らしい。実家には「絵画」が飾ってあるらしい。

「ゲージュツ」ってなんなんだろうか?「ひとつ」なんだろうか?

片岡鶴太郎は「お笑い」もやりながら「絵」もすごい。
米米クラブの石井もそう。
橋本聖子はスケートだけでなく競輪もすごい(?)
幼稚園からの幼馴染の中谷君はギターだけでなく看板制作の仕事もスゴイ。

「一芸に秀でた者は何でもできる」???

で、自分は?
と思ったときに、「音楽」だけ、しかもその中でもっともっと狭い領域の「ハードロック風ポップス」にしか興味を持たない自分はどうなんだろう?ゲージュツ家を語るには程遠いよな。
なーんて思いながら・・・。

で、疲れたので今夜は寝ることにします。
おやすみなさい。

「バーカ」だの「アホ」だの、ご意見をお待ちいたします。
自分の子供たち(小学2年の娘と幼稚園の息子)には、チロルチョコよりもシャガールの絵の方が「すばらしい」って事をわかる人間に育って欲しいが・・・。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-17 01:38 | ムッシュの叫び | Comments(0)

マスターのおきにたち

今回は、マスターのお気に入りバンド達についてだす。
下記に、いろいろバンド名羅列し、知らない名前ばかりでつまらないに違いありませんが、まあ、我慢してお付き合いくだされ。

まづ、ダントツのお気に入りは、「キッス」、これで、音楽に目覚めたのです。
その後、「ラッシュ」「アイアンメイデン」を見本とし、ベーシストとしての腕前を日夜鍛錬し、男前まで、もってゆきました。(>!<)

そのほかのお気に入りとして、「バリーマニロウ」「ジヨニーウインター」「ドクターフック」「ジャクソンブラウン」「ローリングストーンズ」などで、ハードロック以外の音楽を聴き、ブルース・ポップ方面を受け入れる土壌ができました。

それと同時にハードロックを聴きまくっていました。そのハードロックとは、「グランドファンクレイルロード」「ディープパープル」「レッドツェペリン」「モトリークルー」「ドッケン」「ワスプ」「シンデレラ」「tnt」「ストライパー」「ポイズン」「スローター」「サンダー」などです。

さらに、ヘビーメタル、「モーターヘッド」「スレイヤー」「ベノム」「メガデス」「デストラクション」「セルティックフロスト」「エグゾダス」「テスタメント」「デスエンジェル」「ソドム」達です。
 
それらは、今でも聞いています。順にお気に入りを並べた結果、その非常に偏った音楽は米国中心のバンド達ばかりで、欧州方面が少ないのです。今でも欧州方面のバンドは残念ながら疎い状態です。

そうそう、国内バンドでのお気に入りは、「エックスレイ」「アースシェイカー」「ジギー」「イエローモンキー」です。

これらがあいまって、ユウセレの作曲に反映されているとおもいます。皆さんも、上記のバンドがお好きならば、まづ、「ユウセレを聞きまくって、その後にマスターのお気に入りバンドをチェック」してくだされ?

又自戒迄、またじかいまで。see ya
[PR]
by yu-sele | 2006-10-15 14:20 | マスターの遠吠え | Comments(0)

メトロノーム

今回はセニョのメトロノームです。
d0093127_2027249.jpg








ちょっと見にくいけどKORGのデジタルメトロノームMA-20です。
学生の時は部室のアナログメトロノーム(針が左右に揺れるやつね)を
ちょっと拝借して使ってたんだけど、
(もちろん卒業する前にちゃんと返しましたよ。)
社会人になってこれを買いました。
なので、もう10年選手です。かなり黄ばんでます。。。
一時これを使ってクロマチックやらハーモニックマイナーやらを
どれだけ速く弾けるかに挑戦してたんだけど、
最近はとんとご無沙汰です。
たまには初心に戻ってスケール練習してみようかな。。。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-13 20:36 | セニョールの独り言 | Comments(0)

批評をしていただきました

YU SELECTION|カンバン鳴巧社の日誌
ありがたやありがたや。
今後も精進いたします。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-07 21:18 | バンド活動日記 | Comments(1)

マスターは不思議!?

 ぷりんさんのご質問にお答えしようとしましたが、いま一度考えてみても、一緒にヤッてる俺らから見ても「マスターの”人となり”って一言で語れないよな」って・・・
 実物を見てくれた事はありますか?まだなら一度実物をご覧ください。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-06 23:12 | ムッシュの叫び | Comments(1)

ペグ

僕のギターは”ペグ”も交換しています。
言わずもがなのGOTOHです。
d0093127_22274027.jpg








最初についてたのは純正だったんだけど、
遊びが少ないのかグリスが足りないのか、異常に堅かったんで換えました。
ついでにテールピースもその時換えたので(詳しくはまた今度)、
頭からお尻までの弦振動率が良くなったのか、
ボディへの伝達が良くなったのか、
音とサスティーンが想像以上に良くなりました。
安く効率よくレベルアップしたんで満足してます。

ギターいじるならまずこの辺からやってみては??
[PR]
by yu-sele | 2006-10-03 22:36 | セニョールの独り言 | Comments(3)

ユウセレのおいたち

ユウセレの生い立ちを以前書き込みましたが、手違いで削除されていましたので、再度思い出しながら書き込みします。

ユウセレは、マスターが前バンドを脱退し、新たに自分の音楽性を追及するために結成しました。ただ、メンバーがきまるまでは、とにかく前バンドメンバーの一部つまり、ムッシュとセニョールに土下座して手伝いを頼みました。
それが、平成17年四月一日、巷では、エイプリルフールと知られている日、なのです。
その当時は、当然構成員の愛称もなく、とにかく曲作りを中心に、新曲の練習を日夜努力していました、。
そのうち、バンド名を決める段階となり、ひどい名前も含まれたその候補の中から、ムッシュが、いい名前を考えつき、yu selection、略してユウセレにしたのです。その後それぞれの愛称を決めることになり、マスターがおもいつきで、マスター・ムッシュ・セニョールときめ、反対もなく愛称が決りました。。

ただし、ムッシュ・セニョールはヘルプメンバーのつもりで結成当初、協力お願いをしたはづなので、正式メンバーかまだどうかわかりません。ムッシュ・セニョールは自嘲ぎみに、「どうせ、ヘルプメンバーだから」と何かにつけて、言いがかりをつけてくる今日この頃。
そんな彼らを正式メンバーにするかは、神のみぞ知る、、、です。
[PR]
by yu-sele | 2006-10-01 21:17 | マスターの遠吠え | Comments(1)